整骨院開業 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の開業支援サイト

開業手続き

       
 

開業時に必要な
            手続きとは?

 The procedure for opening

整骨院を開業するにあたり、保健所への開設届や健康保険を取り扱うための手続きなどが必要です。
開業が決まったら早めに書類をそろえて、スムーズに手続きできるようにしましょう。
柔道整復師団体に加入すると、手間のかかる受療委任契約の申請手続きを代わりに行ってくれることが多いので安心です。 
shashin_03.jpg  
 
    柔道整復師団体加入の手続き

開業1カ月前までに柔道整復師団体への加入することをオススメします。
  団体によって加入時に必要な書類が異なります。何が必要かを問い合わせましょう。

 

    整骨院開業に必要な手続き

(1)開設届を提出
(2)受療委任契約を結ぶ
(3)各届け出機関の番号を取得(主な機関:共済組合・防衛省・労災)

個人経営や法人経営、一人で開業または複数人で開業などにより、届け出書類が異なる場合があります。必ず事前に届け出先に問い合わせて、必要書類を確認しましょう。

 

 開設届/管轄の保健所
point8_2s.png 開設届(保健所で入手)※地域によって様式が異なる
point8_2s.png 施術所の平面図
point8_2s.png 施術所の周辺図
※賃貸の場合は、店舗賃貸契約書(写)が必要な場合もある
point8_2s.png 柔道整復師・はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師などの免許証の原本と写し
point8_2s.png

本人確認できる書類(運転免許証・パスポートなど) など
※法人開設の場合は、登記簿謄本の写しが必要

 

 受領委任契約/地方厚生(支)局長と都道府県知事
point8_2s.png 確約書
point8_2s.png 柔道整復師施術療養費の受療委任取扱いに係る申し出
point8_2s.png 施術管理者選任証明 ※開設者と施術管理者が違う場合
point8_2s.png 施術管理者選任証明:開設者と管理柔整師が別の場合
point8_2s.png 柔道整復施術療養費の受療委任の取扱いに係る申し出(同意書)
※施術管理者以外に勤務する柔道整復師がいる場合
point8_2s.png 勤務形態確認票 など
※複数管理又は複数勤務の場合。都道府県により提出の有無が異なる
(地方厚生局HPで入手可能)

 

 共済連盟承諾番号/一般社団法人 共済組合連盟
point8_2s.png 所定の書式(共済組合連盟から入手)
point8_2s.png 柔道整復師免許証の写し など

 

 防衛省番号/防衛省 人事教育局衛生官付
point8_2s.png 申出書一式(防衛省から入手)
point8_2s.png 柔道整復師免許証の写し など

 

 労災指定指名番号/都道府県労働局
point8_2s.png 申請書(労働局から入手)
point8_2s.png 施術所開設届の写し
point8_2s.png 施術所平面図
point8_2s.png 施術所付近の見取り図
point8_2s.png 柔道整復師免許証の写し など
※労働局により異なるので、管轄の労働局にお問い合わせください

 

botans_06.gif